セーター1枚編むのは時間かかるけど解くのは一瞬

  • Day:2016.10.27 21:03
  • Cat:編物
編みかけのセーター・・・すでに3年め。
意を決して解きました。

2014年の1月 コリデールの糸が完成
2014年7月 編み地が中々決まらずやっと編み始める

ボチボチ編んでいて・・・襟も裾も仕上げてあって あと袖を編むだけになっていたのですが
th_1610プル

思い切って解きました。あ〜〜スッキリ
th_1610解き糸

玉巻糸からカセにあげ直して 湯通してラーメン状態の糸を復元させました。
th_1519解き糸再生

次回こそは形にしたい!するぞ!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

秋のセーター

  • Day:2016.10.09 21:48
  • Cat:編物
th_1610 プルオーバーセーター_edited-1

秋のセーター サンプルが編み上がりました。
ちょっとカフスの加減など 改良が必要だけど。
形はいいかな

紙絹糸のミニベスト

  • Day:2016.07.27 13:08
  • Cat:編物
タイ旅行中にパーツを編み上げたミニベスト 組み立て上がりました。
素材は、紙と絹。
さすがにタイにはウールを持っていく気持ちになれず、
自由が丘のweeklyshopに出ていた、国立のアブサラクニコの糸キットを購入。

はじめは、普通に編んでたのだけど、
th_1607紙絹糸ベスト表

後ろ身頃も同じように編むのに飽きたし、糸量が不安だったので
好き勝手にちょっと遊んでみたけど 結局遊びきれてない(汗)
色が可愛いので良しとする。
th_1607紙絹糸ベスト裏

野呂ロービングから紡いだ糸 ショールへ

  • Day:2016.06.15 20:38
  • Cat:編物
5月に紡いでいた一連の野呂のロービングからの糸
http://baruknitting.blog29.fc2.com/blog-entry-1195.html
http://baruknitting.blog29.fc2.com/blog-entry-1196.html
http://baruknitting.blog29.fc2.com/blog-entry-1197.html 

あの紡ぎ糸がショールになりました。
(なりました・・・というのは私が編んだわけではないので)
色の出方もそのままです。

左:紡ぎ糸:baru   右:ロービング
th_1605半々野呂

ショール製作:Izumi
th_1606野呂紡ぎ糸

英国の羊 ヘブリディアンの糸 アフガン編みのベスト完成

  • Day:2016.01.07 20:31
  • Cat:編物
昨年の4月編み始めたカーディガン
その時の日記はこちら

その後、裾をDK(中細程度)の糸をかぎ針編みでジグザグのモチーフで編んでいたのですが、
6月になり・・・。ちょっと暑くなってしまったので布フクロに入れ棚に置きました。

8月ごろ、1匹の蛾を発見!でも自宅には原毛もあまり置いてないし飛んでいる部屋には糸も置いていない。なんだろう?って思っていました。
もう・・・お分かりですよね。
そうなんです!食われたのです。カーディガンが!!
こんなに硬いゴワゴワした糸を食べるなんて!!
普通、柔らかいカシミヤとかシルクとかメリノとかなら納得なのですが、ヘブリディアンです。
それもたった2ヶ月で。
よっぽどお腹が空いていた虫だったのでしょう。

そしてもっと悲劇だったのは、穴の空いた箇所。
トップダウンで編んでいたカーディガンの襟もとに2カ所。
襟もとです・・・。編みはじめ。
かぎ針編みのモチーフともミスマッチな感じがしていたので、思い切って全部ほどいたのが9月。

糸をカセにあげてヨレヨレ状態になった糸を復活させて年末やっとゲージを出して
このお正月に編みました。

この4本角のある黒い羊がHebridean Sheep です。
カッコイイですよね。
羊 ヘブリディーン小

糸はイギリスの糸。玉の状態で残っていたのはこれだけ。
右がアランタイプの並太 左がDK 中細 画像で見るとあまり太さが変わらない気がしますが、
アランタイプは3プライ DKは2プライです。
1601ヘブリディーン糸_edited-1

この糸が6玉ずつ。量は結構あるので、全部を使ってアフガン編み プレーンアフガンで往路での糸交換をして細い糸と太い糸の組み合わせの編み時にしました。

色が黒いので編み目がはっきりわかりませんが、細い糸と太い糸の組み合わせはバッチリだったようで
編み地の凹凸も少なく安定したものになりました。
前襟ぐりはスクエアで細編みを2段して落ち着かせました。
1601ヘブリディアンのアフガンベスト表

後ろの裾を少し長くしてお尻が隠れるように
1601ヘブリディアンのベスト後ろ


今年はウエアを多めに編んでいきたいなぁ〜っというのが新年の目標の1つです。

宿題2 レプリカ作り ツバ付きのキャップに試行錯誤する

  • Day:2015.12.29 10:41
  • Cat:編物
宿題2個目

アウトレットで購入したこの帽子のツバが河童の口のようでいただけない。
いい感じのツバをつけた編み図が欲しいなぁ〜というizumiちゃんのご依頼。
「あ〜いいよう。大丈夫〜」っと安請け合いしたのが大間違い。結構大変でした。

お預かりの元のキャップはこちら
ツバの中心 1箇所で増し目を繰り返し、裏側も同じところで減らし目をしているので尖ってしまったツバ。
「ふんふん、編み進みの引き返しと 裏は編み残しでツバを作れば何とかなるでしょ」っと考察。
1512 キャップ元

イメージが付きやすいように、同じような配色とゲージでここまで順調に進みます。
1512途中キャップ

実はキャップのようなツバをつけた帽子を本の通り編んだことはあるけど、自分でデザインして編んだことがない。
ラフスケッチといい加減なゲージで編み始めてしまったのが今回の敗因。
元の帽子のデザインがあてにならないのだから、やはり、ツバの形と本体につける場所などなど先ず検討するべきだったのに
見切り発車で進んでしまったので難問続出になりました。

かぎ針編みでの編み進みの引き返しを美し見える拾い方はどうしよう、とか
なん目で引き返すか・・・(これは製図しているば、簡単だったのに編みながら考えていたので 何度もやり直した)
試行錯誤しながら、1回目の出来上がりはこちら⬇️

ひどい!ひどすぎる!!
なんだこれは、河童ではなくてアヒルの口になってしまった!
1512キャップボツ

帽子好きの息子にかぶってもらって感想を聞くと
「ツバの出始めの位置のバランスがダサイ、形も変、柔らかすぎてツバの形になってない、」と酷評。
そうだよねぇ〜。ごもっとも。 難しいわぁ〜。

ここで、気持ちを入れ替えてツバの製図をすればいいものを・・・。
「ん〜〜じゃこんな感じで」と同じ事の繰り返しをする私。
結局、何度も何度もやり直して取り敢えず形にしました。

キャップ完成
反省点を踏まえて、ツバの位置、形 そして形状を意識して。
裏側は、かぎ針の号数をかなり落としてカッチカチに編んだのですが、やっぱり柔いかい。
1512キャップ正面完成

ん〜〜〜ん。納得はいかないのだけど。これで終了。
今回 学んだことは、
・まず、帽子の基本の形を知ろう!(当然のことでした〜)
・レプリカを作るにしても、やはりデザインを考えよう。(学術調査じゃないのだから)
・ゲージをとって欲しい形に合うように編み図を起こそう。
・編み地でのツバを作るのはとっても大変。上記の事を疎かにすると、無駄に時間が掛かる。試作して編み地だけで無理なら芯を貼るとか入れるとかを始めに考えよう。

そして 一番思ったことは、キャップつきの帽子は今後多分編まない!(汗)ってことかな。
作るとしたら、ツバの部分には他の素材を使おうと思う。

単なる編み図起こしだけでなくレプリカを作るということは、1から作る事なので手を抜いては良いものはできないのでした。
物作りの基本です。
今年の最後に、やっぱりそうなんだ!と反省しつつ、気を引き締めるのでした。

以上、今年最後の大反省のレプリカ作り。来年も宜しくお願いします〜。


宿題1 レプリカ作り ベビーシューズ

  • Day:2015.12.25 23:27
  • Cat:編物
清瀬の手織り工房タリフでのレッスンに来ていただいているTさんから「10年ほど前にあんまり可愛くて買ってしまったベビーシューズを編んでみたい」というご希望をいただきました。

見せていただくと💓すごく可愛い。
二つ返事で預かってきました。
これです⬇️かわいい〜〜〜。

1512ベビーブーツ元

じっくり、編み方向をみて目数と段数を数えて、組み立てます。
こういうの大好き
作ったレプリカはこちら
1512ベビーブーツ1

白の糸は段数のゲージがちょっと合わなくてちょっとバランスが悪かったですね。
ブルーはジェイミソンズの糸 こちらの方が形良く出来上がりました。
こちらの糸がオススメかな〜っと思ったのですが、
1512ベビーカーブーツ青1

でもベビーシューズですから、本番は、コットンの糸(繊維が長いタイプの)が良いように思います。

今年の冬支度

  • Day:2015.10.21 20:49
  • Cat:編物
今年は冬が早そうです。

いつも、すぐに風邪を引いてしまうので今年は首と名前のつくところを温めて
風邪をひかないように用心 用心。

というわけで、まず。ブーツカフを編みました。
ブーツにインしてつけると足首があったか〜〜い。
th_1510ブーツカフ
靴下もいいのですが、厚い靴下は靴が履けません(笑)
それで 踵がないのブーツカフが重宝しそうです。
th_1510ブーツカフ木型

そして手袋
手袋は今年のスピニングパーティー「手織り工房タリフのブース」で大人気だったタリフの糸の5本指の手袋です。
こちらは、製作者の牧子ちゃんがレシピを書くときにチョッピリお手伝いさせてもらったので そのお礼に編んでプレゼントしてくれました〜うれしい〜〜!!!かわいい〜〜
th_1510牧子手袋


締めは昨日編み上げたスヌードで首と肩を温めます。
th_1510スヌード二重巻


インフルエンザとノロの流行が始まっているようですね。
手洗いうがいと暖かい小物これで今年は風邪ひきなし!のはずです。


さぁ 作品展は明日搬入です。お天気が良さそうでよかった。
金曜日からです。遊びにいらしてくださいね
th_1510 DM

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

Top_Down Sweater の編み図おこし

  • Day:2015.09.06 17:02
  • Cat:編物
午後から編み図を起こしていました。

とっても細い糸を紡がれるMさん。
紡ぎ終わった糸で何を編みましょうかと相談して
ネックから編むセーター(トップダウンのセーター)を編むことに。

求心編みのような丸ヨークのデザインではなくて
今流行りの セットスリーブのように見えるものをチョイス。

参考にしたのはヴォーグ社から出版されている
「Top_Down Sweaters セットインスリーブみたいなトップダウンのセーター」

本で使用されている糸がちょっと太めなので Mさんの細い紡ぎ糸では全くゲージが合いません。
製図も少しグレーディングさせたいな‥と色々いじってほぼ丸々パターンを起こすことになりました。

編み図を起こすのはとっても楽しい。
大好きな作業。
編み物はここから先まだまだ長いからなぁ。

th_1509 topdown sweater

糸紡いで、製図して編み図起こしだけしていたいなぁ‥。(ダメですよね それじゃ〜)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村