ネップのある糸を試作

紡いでる途中で落ちない。
編んでいる時も落ちない。
大き過ぎず 小さ過ぎず
多過ぎず 少な過ぎない
糸の試作。
色々テクニックが浮かんでくるのを1つ1つお試し。
楽しい。

未完の総ざらえ5 帽子の飾り紐

つばの広い いわゆる女優帽子をフエルトで製作。後は、リボンをつけつけるだけ…なのにそのまま放置してから 今シーズンがもう終わりそうです。
合皮の平紐を3色で6本組の紐を結んでリボンにしようと始めました。

出来上がり。

そして悲しい結果。
足りません(涙)

再度 挑戦です~。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

未完の総ざらえ4 フェルトの鍋包み

こちらも数年前にトップを編んで作ったフェルト。
th_1703フェルト
数年前から荻田先生にフェルトを教えていただいています。
始めた当初は、もうしわけないほど、自分が下手すぎて 情けないったら仕方がなかった。
最近やっと 自分で見ても恥ずかしくない(笑)ものが作れるようになってきてとっても楽しい。
このところ掘り出してリフォームしているのは、始めたばかりの頃に作った下手っぴなやつ・・・。
やっと、直視することができるようになったのかな。(下手すぎて見るのも嫌だった)
さてこのフェルト マフラーには厚みがあって硬い。他の方は素敵なベストを仕立てられていたのだけど、
私はそのまま放置してました。
話かわって、麹で作る甘酒が好きです。
何だか最近とっても流行っていて多種多様な商品が出てくるので あれこれ試せて嬉しいです。
最近のお気に入りはこちら
アイワさんの米粉麹
th_1703米粉麹
米粉と麹が入っているので おかゆを炊く必要もないし粒々がなくサラッとしてる。
甘酒を作る温度管理をシャトルシェフでしているのですが これなら湯煎にしておけばいいだけ!
とっても楽チン。
20年ほど前に購入したシャトルシェフ。多分初代ではないかと思います。
th_1703シャトルシェフ
内釜に60度のお湯を張ってそこに米粉麹を溶かした容器を湯煎するだけなのですが、60度という温度が微妙に低いので
すぐ冷めてしまいそうな気がして・・・(いつもは沸騰したものを入れるので・・)
それに初代のシャトルシェフは胴の部分がソコソコあたたくなるので、「温度にげてるよね・・・」という気がするのです。
さて 長くなりました。 ここからが本題
それで、フェルトを巻いてます(それだけ!です。何も細工していないので 完成したと言っていいのか。。。)
こんな感じ。
th_1703シャトルシェフ包み
上部 蓋の部分。 クリップで留めてるだけ。
th_1703シャトルシェフ包み上部
いい感じです(笑)
使えるものになってよかった~~~。
土鍋もこんな感じ
th_1703土鍋th_1703土鍋包み
時短ではないですが、ゆっくり調理されたものは何だか味がしみて美味しいです。
フェルト鍋包み 万歳!

ノールビンドニングで お茶帽子(ティーコジー)

久しぶりにノールビンドニングをしたくなりました。
何を編もうかぁ〜っと考えて
先日買った 可愛いポットのお茶帽子を作ることに。

th_1703ノールお茶帽子

取っ手と口が出てるからお茶帽子ではなくてティーコジーになるのかなぁ〜。
そのあたりの区別は判りませんが「お茶帽子」って言葉が好きです。
飲んでいるのはルイボスティー。
長く置いても渋くならないのがとってもいい。 そしていつもでも暖かく飲みたいのでお茶帽子欠かせません。

ノールビンドニングは、編みながらポットに被せて作りました。
糸は頂き物。フェルト化しやすい糸なのでもうちょっとこのまま使ったら フェルト化させてみます。